QC vol.2|2月7.8日佐野亘レクチャーレポート

2月7日、8日はQueryCruise vol.2第二回目。京都府立大学公共政策学部准教授佐野亘先生による「景観問題はどのような意味において問題なのか?」が開催された。前回の大庭先生の回と重なる顔ぶれもあり、今回初めての参加者もあり、遠方からのご参加もいただき、話題に絶えない回となった。

DSC_0401.jpg
前回の大庭哲治先生のレクチャー( 参照 )と比して今回特筆すべきは、その大半がディスカッションによって構成されていた点である。とりわけ一日目は先生によるスライドショーあるいはキーノートもなく、開始の19時からいくつかのトピックについて誰かがなにがしかを発言し、佐野先生もひとりの参加者として介入し、そろそろ終電が気になる22時を過ぎても対話が続いていた。そのすべてが論争的であったわけではなく、故に必ずしもこれを良しとできる訳ではもちろんない。論点があまりにも拡散しすぎたという印象が参加者の中でも多くもたれたことだろう。しかし、凡庸なまとめにはなるが、同一の問題を語りながらも各々の論がどれほど異なるのかという点においては良い事例となったのではないだろうか。他方二日目では、はじめに一日目の論点を少しだけさらい、少しの時間をとってグループワークを行った。これについては後述する。最後はその結果を受け、佐野先生が「景観問題は「みんな」のものである、とするときの「みんな」とは誰か」あるいは、その問いをひとつの核として持つ景観問題の民主主義的視座をめぐる概説をなし、以降への端緒を開くようにして終了した。

続きを読む

QC vol.2|佐野亘先生へのインタビュー【後編】

QueryCruise vol.2の2010年2月7日8日「景観問題とはどのような意味において問題なのか」を担当していただく京都府立大学公共政策学部准教授の佐野亘先生へのインタビューです。現在予想されるレクチャーの概要や、担当される二日間をどのようなものにされるのか、などについておうかがいしています。

前編はこちら。今回は後編です。
—-

続きを読む

QC vol.2|佐野亘先生へのインタビュー【前編】

sano2.jpgQueryCruise vol.2の2010年2月7日8日「景観問題とはどのような意味において問題なのか」を担当していただく京都府立大学公共政策学部准教授の佐野亘(わたる)先生へのインタビューの様子です。専攻される学問分野は何でどのようなものか、その中で佐野先生が研究される「政策」とは何か、そして景観問題における自由とは、などについておうかがいしています。私たちの日常にも無縁ではないはずのお話です。グッと身近なことにひきつけながら読んでいただけると幸いです。

まずは前編をどうぞ。
—-

続きを読む