ISSUE MAP – Research Store Fukuoka公開

IM_RSF.jpg

ISSUE MAP – Research Store Fukuoka

私たちRADが2012年4月から福岡は平尾にある「FUCA(Fukuoka Urban Community of Art)」を拠点に行った地域移動型短期滞在リサーチプロジェクト「Research Store Fukuoka」の成果物「ISSUE MAP」を(プロジェクト終了から1年程経っておりますが)公開しました。


先日公開した簡易京都版、そしてその前に公開した浜松版に続き、(本来は一番最初に公開したかったのですが)第三弾の「ISSUE MAP」です。どこにどのような人や物、場所、課題があるのか、という地域のリソースを見通しの良い状態で可視化するということをテーマにしています。地域のことを知りたい、地域のためにプロジェクトやブレスト、ワークショップを行いたい、というときにご利用下さい。



RAD/S

REPORT|RESEARCH STORE FUKUOKA

RSF report review.png

2012年4月20日から5月13日にかけて、RAD – Research for Architectural Domainが福岡は平尾にあるアートスペースFUCAを拠点に行った、地域移動型短期滞在リサーチプロジェクト「RESEARCH STORE FUKUOKA」のレポートです。
RAD/S

4月20日(金)RSFキックオフミーティング!


kick off meeting.jpg

RSFキックオフミーティング「#リサーチ#都市#リノベーション」

日程:04月20日(金)18:00-
入場料:500円
出演
RAD(進行)
18:00- /開場
18:30 -20:30/ミーティング「#リサーチ#都市#リノベーション」
ミーティング終了後/パーティー


4月20日は「Research Store Fukuoka」キックオフミーティング!「都市を調べること」についてみなさんでお話していきましょう。ミーティングの前半は、FUCA、Research Store Fukuoka(RAD)、井手健一郎さん、そして野田恒雄さんによる活動紹介プレゼンテーション。後半第一部では井手さんとRADとの間で「都市をリサーチすること」の意義、方法、問題点等についてお話をし、野田さん、フロアの皆さんには疑問やご意見をさし込むような形で対話に参加していただきたいと思います。後半第二部では、都市や建築の観点から福岡の特質、また福岡という地域のなかで気になっていること、「こういうことについて調べてみてはどうか?」などなど素朴な話題へ!形としては座談会ですが、ざっくばらんに参加者がお話できる会になれば嬉しいです。