ISSUE MAP TANGO|公開しました

ISSUE MAP TANGO_画像

「ISSUE MAP TANGO」は2013年12月から断続的に行われているフィールドワークを反映したRADによる「RESEARCH STORE – ISSUE MAP」のスピンオフ・プロジェクトです。京都府北部の丹後地域(京丹後市、宮津市、伊根町、与謝野町、舞鶴市)の豊かな「モノ」や「コト」、「ヒト」が今も尚色濃く残る農山漁村を対象に、日常顧みられる事のない風土に根ざした些細な創意工夫や、埋もれつつある地域の伝承、その土地に暮らす人たちの中に蓄積された生活の知恵や暮らしの歴史を記録することで、”海の京都”としての丹後地域一帯の歴史的・風土的特性を浮き彫りにし、将来的な地域資源の状況をストック(マッピング・アーカイブ化)していくことを目的としています。

http://tango.research-store.net/

 

 

広告

ISSUE MAP KYOTO|京都文化芸術コア・ネットワーク第二回総会にて事業報告

Web

7月11日(金)、京都芸術センター講堂にて開催されました「京都文化芸術コア・ネットワーク第2回総会」」にて、2013年度京都文化芸術コア・ネットワーク発の事業として進めてきた「ISSUE MAP KYOTO」の報告を、RADから榊原が代表して行いました。

続きを読む

ISSUE MAP KYOTO|京都造形芸術大学アートプロデュース学科との連携

IMGP1938

昨年に引続き、京都造形芸術大学アートプロデュース学科の授業に、木村&榊原で参加してきました。「地図」をテーマとした授業とのことで、ISSUE MAP KYOTOについてのお話とワークショップを二週にわたって行いました。

私たちが展開する「地域の声からその場所の資源と課題を明らかにする」地図「ISSUE MAP KYOTO(http://kyoto.research-store.net/)」に反映する「声」をいただくために、学生さんにまちあるきをしてもらい、その結果を報告してもらう、という二回の授業になりました。

続きを読む

ISSUE MAP – Research Store Fukuoka公開

IM_RSF.jpg

ISSUE MAP – Research Store Fukuoka

私たちRADが2012年4月から福岡は平尾にある「FUCA(Fukuoka Urban Community of Art)」を拠点に行った地域移動型短期滞在リサーチプロジェクト「Research Store Fukuoka」の成果物「ISSUE MAP」を(プロジェクト終了から1年程経っておりますが)公開しました。


先日公開した簡易京都版、そしてその前に公開した浜松版に続き、(本来は一番最初に公開したかったのですが)第三弾の「ISSUE MAP」です。どこにどのような人や物、場所、課題があるのか、という地域のリソースを見通しの良い状態で可視化するということをテーマにしています。地域のことを知りたい、地域のためにプロジェクトやブレスト、ワークショップを行いたい、というときにご利用下さい。



RAD/S

ISSUE MAP – Kyoto Culture Network

ISSUE MAP   Kyoto Culture Network    SOCIAL ISSUE を見つけるためのマップ.png
先日浜松版をお知らせした、「Research Store」プロジェクトの成果物「ISSUE MAP」の「簡易京都版」をつくりました。3月20日に行われた、RADが会場構成に協力させて頂いたイベントの際に来場者さんにコメントを寄せていただき、それを「ISSUE MAP」に反映しました。

「京都のことちょっと知りたい」ときの参考にしてみてください。

RAD/S

RS|ISSUE MAP – RESEARCH STORE HAMAMATSU

ISSUE MAP_top.jpg

私たちRADは、浜松を拠点に活動する建築組織「+tic」と恊働し、2013年1月19日より2月16日まで、地域移動型短期滞在リサーチプロジェクト「RESEARCH STORE HAMAMATSU」を開催いたしました。2012年4月には、同プロジェクトを福岡にて開催いたしました(レポートを参照ください)。

「RESEARCH STORE」は、「地域活性化」の土台づくりのサポートを目指し、地元の人が日常的に何気なく過ごしていることで見えにくくなっている「地域の課題(SOCIAL ISSUE)」を発見し、その地域内外で共有することを目的としたプロジェクトです。2月24日には、浜松鴨江別館にて開催されたデザインイベント「はままっくすデザイン会議」にて展示とプレゼンテーションを行いました(参照)。

RESEARCH STORE HAMAMATSU REPORT

今回の成果として、会期中に実施したヒアリング、まちあるき、統計情報の再デザインその他の調査を反映し、「地域の課題(SOCIAL ISSUE)」を見つけるためのウェブサイト「ISSUE MAP」を公開いたしました。ぜひご覧いただき、ご使用いただけますと幸いです。


ISSUE MAP – RESEARCH STORE HAMAMATSU
企画制作:RAD
制作取材協力:+tic
デザイン:会田良
サイト制作:阿部研二
助成:みんなのはままつ創造プロジェクト
協力:浜松まちなかにぎわい協議会
URL:http://hamamatsu.research-store.net/

続きを読む

REPORT|RESEARCH STORE HAMAMATSU

20130314_RSH report review.png
2013年1月19日から2月16日にかけて、京都/浜松を拠点とする建築組織RADと+ticが、遠州鉄道「新浜松」駅近く山下時計店ビル1Fを拠点に行った地域移動型短期滞在リサーチプロジェクト「RESEARCH STORE HAMAMATSU」とその成果物「ISSUE MAP」のレポートです。

RAD/S