【5月12日〆切!】「建築都市リサーチ・インターンシップ・プログラム2018」参加者募集のお知らせ

この度RADでは、建築やまちづくりを学ぶ学生を対象とし、実践的に建築と都市へとアプローチするためのリサーチに関する基礎的な知識と手法を身につけることを目的としたインターンシップ・プログラム(建築都市リサーチ・インターンシップ・プログラム)を実施します。

社会がますます情報化し、かつてない規模で建築や都市に関するデータが生み出されるようになってきました。同時に、巷にはフェイクニュースが溢れ、結果あらゆる場面でエビデンス(根拠)の説明が求められるという状況が生まれています。私たちが今生きている建築と都市をとりまく現実を正しく把握し、ファクトに基づいた仮説をベースに、クリエイティブな提案を導き出すことが、ますます重要になってきています。建築・都市分野においても、そのためのリサーチの重要性は認識されているものの、では実際にどのようなリサーチがあり、どう取り組めばいいかを知る機会は多くありません。

RAD(Research for Architectural Domain)は、これまで建築・都市に関するリサーチに業務として携わってきました。それは、都市に関する統計的な情報を扱ったものから、フィールドワークやインタビューによって地域の隠れた特質を見出すものまで様々です。同時に、リサーチによって得られたデータや情報を編集し、出版物や展覧会という方法で公開・発表することにも意識的に取り組んでいます。

今回のインターンシップ・プログラムでは、RADがこれまでに培ったリサーチに関する知見をベースに、国内外で建築・都市リサーチに携わっておられる専門家にも参加していただき、建築都市リサーチについてより幅広い観点から理解することを目指します。また実際のプロジェクト内のリサーチに取り組む、結果を編集・発表するところまで行うなど、実戦的なプログラムになっています。

現在、本プログラムへの参加者を募集しています。興味のある方はふるってご応募ください。

*募集条件

・プログラム期間
2018年5月~2019年3月

・募集人数
5名程度

・対象
建築や都市・まちづくりに関するリサーチに興味がある学生(大学生、大学院生、専門学校生)
※基本的に2019年3月まで通しで参加できる方を優先します

・場所
radlab.(河原町三条)

・実施スケジュール
5月:イントロダクション
6月:ショート・リサーチ1
7月:ショート・リサーチ2
8月:ショート・リサーチ3
9月~12月:テーマ・リサーチ
1月~3月:リサーチ・アウトプット(冊子制作・展覧会)

・活動日
毎週火曜日、19時から定期ミーティングを実施
(週末にフィールドワークやレクチャーなどを実施する可能性があります。それ以外の時間はradlab.をスタジオとして使いつつ、リサーチに取り組む。適宜、打ち合わせやアドバイスは実施する。課題や試験期間などは考慮します)

・内容によってバイト代が発生することがあります。
・プログラム実施に関する交通費や取材費などは支給します。
・教育的な側面を重視していますが、あくまでもインターンシップとして業務補助的な作業も実施します
・内容によって守秘義務が発生することがあります。

*プログラム
・イントロダクション
RADメンバーがこれまで実施してきたリサーチプロジェクトの内容や成果を紹介しつつガイダンスをおこないます。また、現在までに建築・都市に関してどのようなリサーチが行われてきたのかについてリサーチ(「リサーチのリサーチ」)し、基礎的なリテラシーを育みます。

・ショート・リサーチ
現在RADで取り組んでいるプロジェクト(京都芸術大学移転、小野郷空き家活用など)と連動した短期リサーチに取り組みます。実際の業務に触れながら、統計調査やフィールドワーク、アンケートなどリサーチの基本的な方法に触れ、また、毎月各地で都市・建築リサーチに関わっている専門家や、海外の研究室などでリサーチに携わった経験のある専門家を招き、レクチャーやアドバイスをしていただき、多様な事例や方法論に触れる機会をつくります。

テーマ候補としては「京都の地蔵盆」「京都のマテリアル」「川沿いの使い方」「モビリティとコミュニティ」などなど、提案も募集します。

・テーマ・リサーチ
現在の都市や建築を規定する現実をよりよく理解するために必要なテーマを設定し、テーマに対する複数のトピックを設定しリサーチをおこないます。ショート・リサーチで身につけたリサーチ手法を駆使しつつ、それぞれのトピックに合わせたリサーチ手法の応用を試みます。

・パブリッシング
テーマ・リサーチの成果のプレゼンテーション作成・編集・出版・展覧会制作をおこないます。リサーチして終わりではなく、リサーチから得られた知見を広く社会に向けて発信・公開することを目指します。様々な情報を編集し、データをビジュアライズし、印刷物と展覧会というフォーマットに落とし込見ます。

*応募方法
以下のリンク先のフォームから応募してください。
応募多数の場合は、選考の上お返事いたします。

締め切りは5月12日です。

https://goo.gl/forms/ghWEByMeo0KvtmtI2

記入項目
・氏名:
・大学名:
・学科名:
・学年:
・応募の理由:
・資料(課題やコンペ作品、論文、プロジェクトのレポートなどを、A3用紙3枚以内、もしくはA4用紙6枚以内にまとめる。)