10月6日(日)大見新村「里山”と殺”ワークショップ ―大見で鶏を食べる―」

1185029_514204691987362_425411969_n.jpg
私たちRADが参加している「大見新村」は、京都市左京区にある廃村状態の大原大見町を舞台に、人が暮らすための環境を改めて考え、豊かにするプロジェクトです。
10月6日(日)に、鶏と殺ワークショップを中心に食に関わる活動を行っている桂悠介さんを迎えて、「鶏と殺ワークショップ」を大見で実施します。
大見新村プロジェクトは、当たり前のように存在している現代的な便利な暮らしを、一から見つめ直し、これからの暮らし方について考えています。今回の企画は、私たちがふだん食べているお肉はどこから来ているのか、またどのようにして私たちの食卓へ届いているのだろうか、そのような疑問から始まりました。
 
ワークショップでは生きている鶏を殺め、捌き、調理して口に入れるまでを、みんなで手分けして行います。”と殺”・・・気持ち的にも、技術・環境的にも、「自分でしてみる」には少しハードルが高いですが、皆さん初体験の方ばかりが集まって、一度経験してみませんか?
みなさまお誘い合わせの上、ぜひお気軽にお越しください。
参加希望・お問い合わせなどお気軽にご連絡ください。
newoomi@gmail.com
また、その他のイベント情報も随時「大見新村」のHPにて更新していきますのでご覧ください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中