QC vol.2|2月21.22日加藤政洋レクチャーレポート

22122日はQueryCruise vol.2第三回目。立命館大学文学部教員加藤政洋さんによる「都市景観のヘテロトポグラフィ」が行われた。「せんなか半径500メートル西陣のへそを歩く」と題された一日目はまちあるきを、そして最中に個々の参加者によって撮影された「あなたの思う〈京都らしい〉景観」を持ち寄り、二日目はそれらの景観をもとにしながら〈京都らしさ〉にまつわるディスカッションを行った。かつてからこれまでのあいだにものされてきた都市にまつわるテクストを読み込み、そこにある隆起をなぞり返すようなご研究を背景に加藤さんがどのようなガイドをなされ、どのように私たちがそこに反応するのかがポイントとなる、これまでとはやや異なる二日間となった。

IMG_8931.jpg

裏京都、という言葉がある。観光地としての「京都」がある一方、それには飽き足らない「京都通」によって発見される「ガイドブックには載っていない」マイナーな見所を言う。「京都」という確固たるイメージとその過剰な消費がもたらした観光のオルタナティヴをこの言葉は示しているように思われる。さて、では景観と町家の選択肢というテーマで行われた今回のまちあるきは一体どのようなものになったのだろうか。結論を先取りするならば、例示したような京都の「表」でも「裏」でもない、いわば「奥」のようなところをめぐるものとなったと言えるだろうか。ここで問われているのは観光という消費行動における都市の凹凸のようなものではなく、いわば京都という町が不可避的に被らざるを得なかった時間性だ。景観とは「representation」の問題であり、「イメージ」を巡る問題である一方、「再現」あるいは「代表」のそれでもある。例えば現在採られている京都市新景観政策において〈京都らしさ〉なるものと「良い景観」との間にはある緊張関係がある。誰にでも〈京都らしさ〉に準ずるイメージはある。それをどのように規定するのかに関する議論はもちろんある。しかし一番に問わなければならないのは、その〈京都らしさ〉と整合しないものはこのシステムから排除されてしまうことだ。代表の問題とはこのことである。「京都らしい景観」はある排除のもとに規定される。急いで言い添えるならば、それはそれ自体においていかなる害を持たない。しかし政策の肝に据えられ、例えば建築制限への影響を持ち始めた時、その排除は厳格な囲い込みへと転じる。そのような箇条書き的「京都らしい景観」は多くに理解されるだろう。でも、そこで排除されるものがある。実際二回目のディスカッションにおいて興味深かったのは、複数人が同じ画像を「私が〈京都らしい〉と感じる景観」として挙げる一方で、やはり相対的に見てみればその選択にはかなりのズレが存在するということだ。

さて、では一日目を具体的に見て行こう。私たちは京都のどのあたりをまわったのだろうか。二日目のためにマッピングをした地図をここでごらんいただきたい。

スクリーンショット(2010-03-03 16.01.55).png

平野神社東側の鳥居から続くラインが歩いた経路、マーカーが置かれた場所は加藤さんからのコメントがあった場所である。舞台としたのは京都の北西部、近代化の過程で市街地化した伝統的工業地区である西陣。休日の昼ということもあり、スタート地点の平野神社から北野天満宮、上七軒あたりの人の入りはかなりのものだった。途中にある川沿いの通りを奥へと入って行ったところにある、秀吉時代に市内を囲むように築造された土塀の断片を見た後に、平野神社への「表」参道でありかつ北野天満宮の「裏」通りにあたるという奇妙な通りへと戻る。そこに残るは巨大な木造建築。窓が多く、すべての窓にはすだれがかかる。かつての「貸席」ではないかと加藤さん。そこに名残はまるでない。上七軒の一本奥の通りに残る京町家はまさに〈京都らしい〉景観であったが、その中のところどころにアパートが建設されている。ささやかにつけられた衣装屋根をみながら北野天満宮付近の混雑を抜け、一条通商店街へと至るころにはだいぶ人の入りもまばらになってくる。途中加藤さんが語るには、北野警察官待機宿舎が取り囲むようにして古い道場がある、とのこと。なるほど航空写真から見てみるとわかりやすい。

スクリーンショット(2010-03-04 23.08.34).png

不審者を取り囲む警官を思わせる。どこか他地域との空気の違いを感じさせる一条通商店街を抜け、三番町、四番町、五番町を巡る。いわゆる元遊郭。端的に言えば売春街だ。今となっては軒下の赤いライトがささやかに往来の痕跡として静観するにとどまる。千本通に面すにつれ急に細くなる通りを抜け、いわゆる「せんなか」へ。奇妙な敷地に建つコンビニをぐるりと周り、実はここは昔映画館であったことが知らされる。娯楽としてあった映画館を取り囲むようにして飲食店が立ち並んでいたが、今となってはその映画館が抜け、まるで飲食店に眺め囲まれるようにしてコンビニが建っている。かつてこのあたりは映画が盛んであったのだが、興味深かったのは、以前成人映画を専門にする映画館が建っていたところが、新築の住宅になっていたことだ。過去の記憶からすればやや眉をひそめてしまいがちな場所も、その記憶を知らない者にとっては何の影響もない。最後は町家を改修したカフェでちょっとした感想を言い合い、まちあるきは終了した。

スクリーンショット(2010-03-03 16.01.35).png

さてこのようにその一部を概観してみたが、一体私たちは「どこ」を巡り、加藤さんは「どのような」場所で、「何を」説明したのだろうか。私たちが巡った場所、それは観光客が見る一歩裏側だ。「裏」京都?いや、一般的な観点からすればそれは見所でさえない。ただ忘れられていく、不可視の場所だ。今となっては五番街に煌煌と明かりが灯る風景を見ることはない。そしておそらくこれからもないだろう。意識するとしないとにかかわらず、そこにある風景。〈京都らしさ〉をテーマにしたにもかかわらず、京都をイメージして歩く人には違和感を持つような場所をこそ私たちは巡り、加藤さんが立ち止まった場所もまた、先に触れた新景観政策の代表から抜け落ちて行くような風景であった。そして加藤さんが解説
るのは、過去の歴史をさかのぼったときに、今目の当たりにしているものからは読み取りづらい風景だ。隣り合いながら、にもかかわらず異なる景観を語ること、これこそがタイトルにある「ヘテロトポグラフィ」の言わんとするところだ。このいわば「景観の落差」へのまなざしへと、私たちは今後どのように直面して行くのだろうか。興味深かったのは、まちあるき後に皆でお茶を飲んでいるときに参加者の一人から聞かれた困惑だった。彼女の述べる旨はこうしたことだ。あまりにもいろいろな時間を一気に受け取ってめまいがしそう。でも、都市的な体験の魅力とはそうしたところにあったのではないだろうか。

IMG_9064.jpg

はたして、ヘテロトポロジーを景観問題へと挿入することは可能なのだろうか。そもそもそれは妥当なことなのだろうか。まちあるきの最中に個々の参加者によって撮影された写真を持ち寄りながら行われた二日目のディスカッションでは、加藤さんが最初に述べられたように、写真に写された「都市の無意識」の中へ個人の無意識がどのように表出しているのかを見て行くことが期待された。具体的にその選択された写真を少し紹介しよう。通常は路地から見えないはずの屋根の妻側が路上に面して見えているところ。先に述べた上七軒の裏通り。あまりにも長い、更地にされた町家の敷地。新築町家の路上に面する窓に据えられた木のルーバー。隣の建物に残ってしまった町家の屋根の端のライン。ちなみに、最後の一枚に関しては、これを選択する者が多くいたということが印象的であった。かつてあり、もはやそこには存在しない町家、そしてきわめて短い間隔での隣接集合を特徴とするまさに京都の町家特有の時間の経方が残した痕跡に対するまなざしとられていたのではないかと思われる。選択したすべての参加者がこれを意識していたかどうかはわからない。あえて残されたのではない町家の痕跡が写真によって焦点化され、その撮影者のいわば無意識的なまなざしがほのめかされる。この二日目の議論において興味深かった点は、先に紹介したマップを見ながら、各々に提示してもらった写真がどのあたりの風景なのかを参加者/非参加者とともにディスカッションできたことだ。すでに歩いた場所であったにもかかわらず、そして加藤さんに関してはガイドとしての役割を果たしていただいたにもかかわらず、即座にはこれと同定できない風景もあった。

IMG_4380.jpg

時とともに町は変化していく。故に景観も常に変化していく。その〈京都らしさ〉に普遍性はない。にもかかわらず、私たちは〈京都らしい〉景観を各々に抱えており、時々それを他者と共有できたりする。そのイメージは何者かによって刷り込まれていたのかもしれない。〈京都らしさ〉なるものが「よい景観」と結びつき、それが政策へと採用されたときにある排除の構造が浮かび上がる。二日目の成果は多義的だ。ひとつ、そうした〈京都らしさ〉の政治性に関する考察。ひとつ、〈京都らしい〉景観が各々によってどれだけ違うのかを巡る考察。ひとつ、写真というメディアとともに〈京都らしさ〉を語る、あるいは景観を語ることに関する考察。おそらく他にもあったことだろう。そして〈京都らしさ〉の政治性に関して言えば、それが代表するものから抜け落ちて行く風景にどう向き合うのかがまちあるきで問われることとなった。消えたもの、残ったもの、これから消えるもの、これ以降も残るもの、忘れられたもの、いまだ日の目をみているもの、こうしたものによって都市は構成される。そしてあらゆる景観はそれぞれの断片によって構成され、それぞれの断片がそれぞれにある時間のようなものを持つ限りにおいて、その景観には異なる時間が併存することになる。この結論は、歴史からのがれる歴史をも残そう、というものではない。それはおそらく不可能だ。なぜなら、その提言は無限に後退するからだ。歴史から逃れる歴史から逃れる歴史・・・という具合に。だから規定はできない。できないが、こういうこともできる。あなたが思いを馳せる景観を構成するものは何かを、時間的なレベルでも考えてみてはどうだろうか。その考察の末にこれまであまり考えられてこなかった都市の楽しみ方があるかもしれない。二日間の結論はこれだったのかもしれない。景観を見てその美しさにうっとりすることも一興だ、でも、それを構成する、異なった時間や記憶の併置に酔ってしまうこともまたひとつの魅力ではないだろうか。

IMG_4362.jpg

( RAD/S )

あわせてどうぞ

建築とその周辺についてのモノローグ:QueryCruise vol.2 第3回

think machinami:QC2-3加藤さんとまち歩き

think machinami:窓辺について考える

大庭哲治レクチャーレポートはこちら

佐野亘レクチャーレポートはこちら

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中