QC vol.2|大庭哲治先生へのインタビュー【後編】

QueryCruise vol.2の2010年1月24日25日分「都市景観の「値段」とその評価基準について考える」を担当していただく京都大学大学院工学研究科都市社会工学専攻助教大庭哲治先生へのインタビューです。今回の後半部では担当していただくレクチャーの配分、それから「よい」景観とは、などなどについておうかがいしています。

前編の様子はこちらから。ではどうぞ。

―今回担当していただく二回のレクチャーの配分についてどのようにお考えですか?

  

現時点で考えている内容をお話しますと、まずは景観を保全・整備する際の問題点を整理した上で、景観に対して、みんなの抱く価値はそれぞれに違うといいますが、それがどれだけ違うのかということを、明らかにしたいのが一回目。その際には、環境経済学で構築されている価値の考え方や計測方法についてもご紹介したいです。経済学や統計学の話もはいってきますが、なるべくとっつきやすく噛み砕いてお話しようかなと思っています。そして二回目は、実際にそのような計測方法を使って値段付けした事例を、私自身の研究や他の方々の研究の事例とともにお示ししたいと思っています。それから私が現在委員として携わっている京都の新景観政策の評価方法のシステムについて、京都らしい景観をつくっていくために議論をしているのですが、その論点をお話しながら、景観に値段をつけるということがどのような意味を持つのかなどを含めて、議論したいと思っています。

 

―ところで日本で実際に値段がついた景観はあるんですか?

  

いくつか値段付けをした事例はありますが、ここで注意しないといけないことは、人々の立場や環境が変われば、いろんな要因で人々が抱いている景観への価値は変わってくるということです。

 

―市場に乗っていれば自動的に価値が形成されると思いますが、景観の場合はそうではありません。

  

景観は市場では取引されづらいものですからね。たとえば私たちが土地を買ったり、家を借りたりするときに、周辺環境のことを考えたりしますよね、駅から近いかとか、静かかとか。これらは当然、購入する土地や借りる家の料金に反映されてきます。それと同じように、景観も市場価格に多少反映されているということはあるかもしれませんが、景観が直接値段付けされていることはまずありません。このような景観に何とか値段をつけるというところに面白みがあると思います。

 

―唐突ですが、大庭先生自身がお好きな景観は?

 

国内外を問わず好きな景観はたくさんあります。そうですね、たとえば、私の自宅は奈良なのですが、近鉄奈良駅前から若草山のほうを眺めると、電線もなくきれいに山や緑が見えるんですよ。街中から山が見えるというのはいいなと思います。それから、生まれが島根でして、島根には津和野という小京都があるんですが、お堀に鯉が泳いでいて、多くの人が覗き込んでいる風景や、日本家屋が並んでいる通りの景観なんかを見ていると心がなごみます。将来的にもこのような景観を保全していっていただきたいなと思いますね。

  

―今挙げていただいた地域でも、京都の新景観政策のようなものがとられているのでしょうか?

 

同じような内容の政策がおこなわれている地域もあるのですが、京都の新景観政策の場合は、既にある規制をさらに強化した事例なんですね。このような規制が、本当に景観にとってプラスになるのかという話がまずあります。そしてそれは当然痛みを負います。ディベロッパーですとか、建設業者ですとか、そういう方々がある種我慢をしなければならない状況も出てくる。そういう方々の例を踏まえてもなおプラスのメリットがあるということが示されないと、政策としてやっていく意義があるのかという話になってきますので、そのあたりをきちんと評価しましょうということになります。京都の場合、高さ規制、眺望面での規制、看板の規制、歴史的資源たとえば京町家といったものを保全していきましょうとか、さまざまなメニューがあって、そういったものをトータルに、また個別に評価していくということが大事になってくるので、京都の景観の体系的な評価システムを考えていくというのは、日本でも先進的な珍しい事例だと思いますね。

  

―先生にとっていい景観とは?

 

正直、わかりません(笑)。でも、みんなが大事にしたい景観だと思えるということが重要です。そのために値段付けが一つの尺度になるのかなと思います。

 

―よい景観と値段とを考える時「100万ドルの夜景」という言葉が浮かんできます。これは山の上に登った電力会社の副社長が、大体100万ドルの電気量だということで100万ドルになったそうですね。

 

そうみたいですね。先日、上海に行ってきたのですが、向こうでは本当かどうか分かりませんが200万ドルの夜景と言うそうです。何で200万ドルなのか聞いてみると、神戸の100万ドルの夜景は、六甲山から見下ろした一方向の景観に対する評価だと。上海の場合は、川を挟んで両側に美しい夜景があって、二方向の景観に対する評価だと。つまり、一方向で100万ドルで、二方向で200万ドルになるそうです。100万ドルの夜景という言葉は、その言葉の信頼性は別にして、夜間景観が価値付けされているという点で面白い例だなと思います。

  

―最後に、どのような方に来ていただきたいでしょうか?

 

そうですね、景観に関心のある方、まちづくりに携わられている方等にこんな考え方や評価方法があるんだということを知っていただきたいですね。知っている方は、研究者をはじめ、国の役人ですとか、行政の担当者のごく一部に限られた、とっつきづらい話ではありますので。知っていただけたら、もしかしたら現場での合意形成の有効なツールにもなりうるものでしょうから。また、大学生についても、今後、景観まちづくりや都市計画に携わっていきたいと思っている人には、聞いてもらえればなあと思います。

  

―今日はありがとうございました。

 

ありがとうございました。

 
 
 
interview by RAD/S
—-
大庭先生レクチャーへの申し込みはinfo@radlab.infoまでどうぞ。
件名に【QueryCruise vol.2申し込み】をお忘れなく。
 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中